イトーヨーカドーのネットスーパーを解説!送料や利用者の口コミもご紹介!

日用雑貨から食料品まで、生活に密着した大型店舗で人気のイトーヨーカドーが今力を入れているのがネットスーパーです。

イトーヨーカドーのネットスーパーは忙しいママを中心に共働き世帯、子育て世帯から非常に人気を集めるサービス。

イトーヨーカドーならではの人気の秘密や使ってお得なメリットも多く、利用する人が増えています。そこでここではイトーヨーカドーのネットスーパーについて詳しく解説していきます。

イトーヨーカドー
ネットスーパーの特徴

イトーヨーカドーのネットスーパーは365日23時間、好きな時間にイトーヨーカドーで扱っている食品や日用品、医薬品、衣料品などを注文することができる便利なサービスです。

当日注文すると当日配達される使い勝手のいいサービスで、最短で注文後4時間で頼んだ商品が届きます。

外部の宅配業者を利用して届けているのではなく、ネットスーパー専属のドライバーが直接手渡しで商品を届けてくれるため、安全性も高く、安心して利用することができます。

イトーヨーカドー
ネットスーパーのメリット

イトーヨーカドーのネットスーパーが人気なのには利用者にとってうれしい点がいくつもあるからです。ではどんなメリットが利用者にはあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

売り場のプロが選ぶから届く食材が新鮮

イトーヨーカドーのネットスーパーが人気の一番の理由は、鮮度の良い食材が届くことです。毎日入荷される売り場の商品は鮮度を保つため、徹底した温度管理のもと届けられています。

食材は各売り場のプロの責任者が選ぶため、食べごろの食材、鮮度の高い食材ばかりです。そのプロの責任者が選んだ商品を鮮度が保てる専用の車で専属のドライバーが手渡しでお届けしています。

店頭同様に広告の品を購入できる

ネットスーパーだと価格が高く設定されていそう、実際の店舗の方が特売や広告の品など安いはず、などと思っている人もいるかもしれませんが、イトーヨーカドーのネットスーパーは店頭と同じ価格で設定されています。

前日の17時から広告の品も店頭と同じ価格で売られているため、店舗に買い物に行ったのと同じような感覚で買い物をすることができます。

nanacoポイントが貯まるから節約になる

イトーヨーカドーのネットスーパーの嬉しいところは100円につき1ポイントが貯まるnanacoポイントが利用できる点です。

日常の買い物でポイントがつくため、早いペースでポイントがたくさん貯まり、電子マネーに交換してグループ各社で使うこともできます。お得にポイントが貯まるので節約にもつながります。

面倒な魚の下準備を無料でお願いできる

スーパーに買い物に行くメリットには買いたい魚の下処理、下準備を行ってくれるという人もいますが、イトーヨーカドーのネットスーパーでは面倒な魚の調理も店舗同様にお願いすることができます。

下準備はすべて無料で行ってもらえ、塩焼きの下準備や3枚おろし、内臓処理、開きなどさまざまな要望に応えてくれるので、手元に届いて時間をかけずに調理することが可能です。

子育て応援キャンペーン
「母子健康手帳」で配送料100円

イトーヨーカドーのネットスーパーが人気の理由には子育て応援キャンペーンがあることも大きな要因です。

子育て応援キャンペーンはプレママ、子育てママ必見のキャンペーンで、なんと交付されて4年以内の母子手帳を持っていれば、登録した日から4年間配達料金が100円になるという非常にお得なものです。

交付されて4年以内に登録すればこのサービスは利用できるため、妊娠中や産後、子供が小さくてなかなか買い物に行けないときなどでもお得にお買い物を行えます。

しかも登録してから4年間はキャンペーンの対象となるため、子供が少し大きくなってからサービスを利用してもしっかり4年利用できます。

イトーヨーカドー
ネットスーパーのデメリット

使わなきゃ損だといっても過言でないほどこの上なく便利なイトーヨーカドーのネットスーパーですが、デメリットはどうなのか気になりますよね。

デメリットに関してはほとんどないといってもいいのですが、強いて言うならデメリットだという点をいくつか挙げてみました。

午後4時から午後5時までは利用できない

イトーヨーカドーのネットスーパーは365日23時間利用できる便利なものです。

しかし、夕方のスーパーに出回る人が多い時間帯の午後4時から午後5時の間は利用できないようになっています。午後4時から午後5時はイトーヨーカドーネットスーパーの閉店時間に当たり、商品入れ替えや値段の変更が行われています。

そのため「今日の晩御飯に…」と仕事の合間や子供が寝た午後4時から5時の間に注文しようと思っても注文することができないようになっています。またこの時間帯に店舗にたくさんの人が訪れた場合、狙っていた商品が品切れになっているなんていうこともあるわけです。

通常配達料が1回324円かかる

子育て応援キャンペーン対象の人は配送料1回100円で利用できますが、それ以外の人は通常料金の配達料を払わなくてはいけません。

通常配送料はそれでも1回324円と高すぎることはありませんが、人によってはデメリットになりうる金額です。

イトーヨーカドーに行く電車賃やガソリン代と考えれば安い人もいるかもしれませんが、近くにスーパーがある人からすればデメリットな出費ですね。

プライベートブランド押しが強い

これは実際にイトーヨーカドーのネットスーパーを利用しないと分からないデメリットですが、イトーヨーカドーのネットスーパーはどちらかというとプライベートブランド押しです。

そのため絶対に店舗には置いてあるだろう人気メーカーの人気商品が検索で出てこないなんて言うこともあります。

スーパーなら置いてあるはずだろう「豚の細切れ」や「骨付き鶏モモ」などが検索にヒットしないこともあります。

ネット画面のメモ欄に「豚の細切れありますか?」などと書くと、担当者から連絡してきて購入できることもありますが、検索で引っかからないのはデメリットですよね。

イトーヨーカドー
ネットスーパーの口コミ&評判

イトーヨーカドー
ネットスーパーの配送料

イトーヨーカドーのネットスーパーは通常配送料が1回につき324円かかります。ただし母子手帳交付後4年以内に登録すれば、4年間は送料100円で利用することができます。

以前はいくら以上買うと送料無料という配送方法も採用していたイトーヨーカドーですが、現在は一律324円かかるようになっています。

配達エリア

イトーヨーカドーのネットスーパーの配達エリアは細かく設定されています。

配達エリアは基本的に実店舗からある程度近い場所に限られているため、同じ都道府県内であっても配達が可能なエリアとそうでないエリアとに分けられます。また近隣に数店舗お店がある場合には道路体系や世帯数によって店舗が勘案されるようになっています。

全国20の都道府県で利用することができますが、自分の自宅が対象になっている、なっていないの判断はイトーヨーカドーの判断になるため、まずは専用ページで自宅住所を入力して検索してみることをおすすめします。

イトーヨーカドー
ネットスーパーの受け取り方法

イトーヨーカドーのネットスーパーの受け取り方法は、すごく簡単です。

当日注文で当日配達されるのでほしい商品、鮮度の高い食材をその日のうちに受けることができます。商品は宅配専用の担当者が注文から最短4時間で自宅まで届けてくれます。

時間指定は2時間ごとに細かく設定できるので、ずっと荷物が届くのを待っている必要もありません。

また「まもメ~ル」といわれるお知らせ設定をしておくと、商品お届け前にメールで連絡してくれるので安心です。

それでもどうしても配達時間に受け取れなかった場合には、当日中の再配達を行ってくれます。

イトーヨーカドー
ネットスーパーの支払い方法

イトーヨーカドーのネットスーパーの支払方法は、インターネット決済のクレジットカード払いかお届け時の代金引換のどちらかを選ぶことができます。

ただし購入するアイテムがギフト商品の場合は、届ける先と購入者が異なるためクレジットカード払いのみです。またセブン&アイ共通商品券やギフトカード、JCBやVISAなどのギフトカードを利用する場合は代金引き換えでなくてはいけません。

イトーヨーカドー
ネットスーパーQ&A

イトーヨーカドーのネットスーパーは使うと非常に便利で、一度使い始めると辞められなくなるほどお得で節約向きなサービスです。

そこでもっとイトーヨーカドーのネットスーパーを知ってもらうため、ちょっと感じる疑問についてQ&A形式でご紹介したいと思います。

最低注文金額はある?いくらから使えるの?

イトーヨーカドーネットスーパーでは特に最低注文金額などが設けられていません。それでも1回の利用で送料が都度324円かかるため、ある程度の金額を買った方が送料分損した気分にはなりません。

またnanacoポイントを賢くためて使うことを考えると、税抜き100円以上のお買い物を行い、尚且つ送料分損した気分にならない金額を購入したほうがお得です。

ミールキットや食材キットは取り扱いあり?

2018年まではイトーヨーカドーネットスーパーで取り扱いのあったミールキットですが、現在はネットスーパーサイトで検索をかけてもミールキットの情報が出てこなくなっています。

しかしイトーヨーカドーネットスーパーの系列であるセブンイレブンサイトではミールキットの取り扱いがあります。ただしセブンイレブン商品は近くのセブンイレブンの店頭で受け取りになってしまいます。

イトーヨーカドーネットスーパーとオムニ7の違いは?

イトーヨーカドーのネットスーパーを見ているとオムニ7とあちこちに書かれています。これだけあちこちにオムニ7と書かれていると「オムニ7って何?」「オムニ7とイトーヨーカドーのネットスーパーって何が違うの?」と思っている人も多いはずです。

簡単に言うとオムニ7は、セブン&アイホールディングス全体をまとめた集合体、ショッピングモールで、その中の一つの店舗がイトーヨーカドーのネットスーパーになります。

どちらもネットショッピングを楽しめるサイトに変わりはないのですが、イトーヨーカドーのネットスーパーは「スーパー」に特化した地域密着型を売りにしているのに対し、オムニ7はセブンイレブンを窓口にしたショッピングサイトです。

オムニ7はショッピングモール的立場になるので、送料等はそれぞれの店舗(オムニ7)にまとめられている各ショップ)によって基準がことなります。

例)
送料無料となる下限額
・セブンネットショッピング:送料無料枠なし
・イトーヨーカドーネット通販:送料無料枠なし
・西武・そごうのe.デパート:お届け先1件につき合計金額5,000円(税込5,400円)以上で
送料無料
・アカチャンホンポネット通販:お届け先1件につき合計金額5,000円(税込5,400円)以上
で送料無料
・ロフトネットストア:お届け先1件につき合計金額5,000円(税込5,400円)以上で送料無

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
名前は公開されるのでニックネームで入力してください。
* の項目は必須項目となります。

楽チン宅配食生活の管理人「ゆりか」が3日以内に返信するのでお気軽にご質問ください^^