【食のそよ風】お試しセットを注文してみた!コスパの良さに脱帽です

介護事業やレストラン事業を展開している「株式会社ユニマット リタイアメント・コミュニティ」が2019年4月1日より食事宅配サービス(冷凍弁当宅配)「食のそよ風」をスタートさせました。

私はこれまでに6社ほどの食事宅配サービスを利用しているのですが、その中でも圧倒的に価格が安く、なおかつ見た目も普通に美味しそうな冷凍弁当です。

今回は「食のそよ風」を実際にお試し注文してみたので、まずは基本的なサービス内容からご紹介し、利用して見て感じたメリットやデメリット、食レポをしていきたいと思います。

食のそよ風【お試しあり】

食のそよ風の食事宅配サービス内容

食のそよ風は介護事業を中心にレストラン事業や不動産事業を行なっている会社で、東京証券取引所JASDAQスタンダード(9707)にも上場している信頼性の高い会社です。

食のそよ風は「プチデリカ」と「そよ風のやさしい食感」という2つのメニューから好きな方を選び、10食1セットになって冷凍弁当を宅配してくれるサービスです。

プチデリカとそよ風のやさしい食感の違いを簡単にご紹介しておきます。

国産プレミアム

食材は国産にこだわりたい人も少なくないはず。そんなこだわりを可能にしてくれるのが食のそよ風の「国産プレミアム」です。

お肉、魚、野菜など主原料は全て国産食材で作られています。

安全、安心な国産原材料なのはもちろん、管理栄養士監修で、おいしさと栄養バランスにこだわって作られている冷凍弁当です。
※加工品は国内加工、調味料等は一部外国産を含む。

価格は他のコースと比較すると高めですが、国産食材にこだわりたい人にはおすすめでます。また、冷凍弁当宅配で国産食材を使っているものはあまり多くないので、国産食材にこだわりたい人は「食のそよ風」とってもおすすめです。

プチデリカ

おいしさを追求していて栄養バランスもしっかり配慮されている冷凍おかずです。

主菜×1と副菜×2の3品のおかずがセットになっている冷凍弁当で、洋食・和食・中華がバランスよく10食1セットになって届くので食べ飽きてしまう心配もありません。

また、塩分も1食あたり0.8g~3.0gなので塩分の取りすぎを防ぐことも可能です。

さらに驚きなのが、10食セットで4,266円(税込)という安さです。1食あたりの価格は426円(税込)というコスパの良さ。

その他の食事宅配サービスの冷凍弁当は600円~850円程度が一般的な価格ですが、プチデリカであれば1食あたり426円(税込)で利用できるのでコストを抑えながら栄養バランスに配慮した食事をレンジで温めるだけで簡単に食べることができます。

そよ風のやさしい食感

噛む力や飲み込む力が気になり始めた方でも美味しく食べることのできる冷凍弁当です。

主菜×1と副菜×2の3品のおかずセットで見た目や食材の形は普通の美味しそうなお弁当ですが、特許技術である「凍結含浸法 」を使って作ることにより、おかずの見た目や風味は保ったまま柔らかくて噛む力や飲み込む力が気になり始めた高齢者の方でも美味しく食べることができる冷凍弁当です。

私の経験上、自宅介護をしていると毎回柔らかい食事を作るのはとても面倒で疲れてしまうことも多々あります。どうしても作る時間がない時や作る気になれない時にとても有効活用できる冷凍弁当なので、私のように自宅介護をしている人にとってはとても強い味方になってくれるお弁当です。

プチデリカよりは少し価格が高く、10食セットで6,696円(税込)なので1食あたり669.6円(税込)となります。

柔らかい食事宅配を提供している「食宅便」というサービスがあり、食宅便の場合には1食あたり629.4円(税込)なので、食宅便の方が安いように感じますが、食宅便の場合には1品料理の中に少し野菜が入っているようなメニューなので少し物足りなさを感じることもあります。

しかし、そよ風のやさしい食感は主菜×1と副菜×2の3品がセットになっているので量も程よいですし満腹感もあります。それでいて669.6円(税込)という低価格なので総合的に評価するとかなりコスパがよい冷凍弁当だと感じました。

食のそよ風のメリット・デメリット

食のそよ風を使ってみて感じたメリット・デメリットをまとめてみました。

メリット
栄養バランスに配慮
安くて美味しい(1食約426円)
メニュー内容が豊富で食べ飽きない
賞味期限が「製造から1年」と長い
デメリット
送料が高い
若い人には量が少ない
自分の好きなものだけ注文できない
ご飯は自分で用意する必要あり

食のそよ風【お試しあり】

メリット・デメリットはこんな感じですが、他社食事宅配サービスと比較して総合的に判断すると、送料が高い点だけが少しネックポイントですがリピートして使いたい食事宅配サービスでした。

美味しさや安さで評価すれば食事宅配サービスの中でもTOP3に入りますし、web上でお弁当に使っている材料やカロリー、脂質、塩分、たんぱく質、炭水化物、アレルゲンなどを全て見ることができる点も安心できます。

下記、メリット・デメリットをもう少し詳しく書いておきます。

メリット.1
管理栄養士が献立を作るから
栄養バランスに配慮

管理栄養士の資格保有者が献立を考えているのでカロリーや塩分はもちろん、「PFCバランス」という健康を維持していく上で大切なエネルギー源のたんぱく質・脂質・炭水化物の比率にも配慮して作られています。

PFCバランスについては「PFCバランスとは 」でとてもわかりやすくご紹介されているので気になる方は読んでみてください。

自炊だとどうしても同じようなものを食べてしまったり、味付けを濃くして塩分を摂りすぎてしまうことが多くなりますし、高齢者の方だと買い物にいくのも手間で菓子パンや栄養バランスを配慮していないインスタント食品に頼りがちになってしまいますが、食のそよ風を使うことでレンジで温めるだけの手軽さでありながら栄養バランスにも配慮した食生活が可能になります。

メリット.2
安いのに美味しい!コスパ最強

食のそよ風の冷凍弁当""

プチデリカは1食あたり426円(税込)、そよ風のやさしい食感(やわらかい冷凍弁当)は1食あたり669.6円(税込)と他食事宅配サービスと比較しても安い価格設定ですが、ボリュームや見た目のいろどり、味の美味しさにもこだわって作られています。

実際に私もプチデリカを食べてみましたが、薄味すぎずやさしい味付けで普通に美味しいお弁当です。

毎日1食置き換えて食べても、月々12,780円/30食(税込)なので食費が大きく膨らんでしまう心配もありませんし、料理を作る手間や食後のお皿洗い、片付けなどの手間も必要ないので時間的余裕が多くなるアイテムだと感じました。

忙しい主婦はもちろん、高齢者の方が手軽に食べられる食事としてや自宅介護をしている人にも有効活用できます。

メリット.3
メニューが豊富で食べ飽きない

10食セットで購入できるサービスですが、セット内容のメニューが食べ飽きないように考えれているので毎日食べても食べ飽きることがありません。

和食・洋食・中華とバランスがいいですし、魚・お肉・野菜・揚げ物・煮物など食材や調理のされ方も色々なので毎日ワクワクしながら食べることができます。

メニュー数やレシピが少ない食事宅配サービスだと似たようなおかずばかりになってしまうこともありますが、食のそよ風は食べていて飽きがこないメニューになっていました。

メリット.4
賞味期限が「製造から1年」と長い

食のそよ風の賞味期限商品到着2019年4月7日

賞味期限2020年3月16日

食事宅配サービスの最大のメリットでもありますが、冷凍弁当なので賞味期限がとにかく長いです。

最近人気の「ミールキット」は食材がセットになっていてレシピを考えず届いた食材をフライパンで炒めたり合わせたりするだけで完成する時短料理アイテムですが賞味期限が2~3日と短いのに対し、

冷凍弁当であれば6ヶ月~1年程度の賞味期限があります。

食のそよ風に関しては、他食事宅配サービスと比較しても賞味期限が長く、製造してから1年間の賞味期限があるので食べ忘れて腐らせてしまう心配もほぼありませんし、食べたい時に食べることができる点もメリットです。

食のそよ風を注文する

デメリット.1
送料が高い

送料が都度980円かかるので少し高いかなと感じました。

他の食事宅配サービスと比較した時に送料が少し高い点が気になりましたが、冷凍弁当の価格が安いので送料を加味しても、食のそよ風は総合的に安く食事宅配を提供してくれるサービスです。

送料を他社食事宅配と比較

送料(税込)
ウェルネスダイニング 378円~756円
食宅便 390円
ナッシュ 900円
わんまいる 918円
食のそよ風 980円
ワタミの宅食 無料

デメリット.2
若い人には量が少ない

食のそよ風少し量が少ない様子

食べ盛りの若い人には量が少なく足りないと思います。

高齢者向けの食事宅配なので、高齢者が1回で食べきれる分量に作られているため、若い世代の男性や女性には量が少なくて満足できない可能性が高いです。

高齢者の方は一度に食べきれる量なのでメリットになりますが、ガッツリ食べたい若い人には物足りなさが際立ってしまいます。

ただ、朝ごはんであまり多くの量が食べられない時にはちょうどいい分量なので若い人でも有効活用できると思います。

デメリット.3
自分の好きなものだけ注文できない

10食1セットとなって届きますが、その10食は自分で選ぶことができません。

プチデリカもそよ風のやさしい食感もAコース・Bコースのメニューをどちらにするか選ぶことはできますが、1食1食自分が好きなものを選ぶことはできません。

自分の好きなものだけを注文したい場合には「ナッシュ(nosh)」という食事宅配サービスなら自分で自由にメニューを選んで注文することができます。

デメリット.4
ご飯は自分で用意する必要がある

これはどの食事宅配サービスにも共通して言えることですが、ご飯(白米)は自分で用意する必要があります。

食のそよ風に限らす食事宅配サービスは基本的に冷凍おかずを宅配してくれるサービスなので、白米に関しては自分で用意する必要があります。

食のそよ風「プチデリカ」を
お試ししてみた

食のそよ風「プチデリカ」お試しセット

お試し5食セットは【食のそよ風公式サイト】から2,133円(税込)で購入することができます。

初めて利用する方は味が合うかどうか、自分の求めている食事宅配かを把握するためにも、まずはお試しを利用してみることをおすすめします。

私が実際にお試ししてみた「プチデリカ」の実食レポをしておきます。

届いた5食のレシピ
  1. 牛肉の塩だれ炒め
  2. とんかつの卵とじ風
  3. 鯖(サバ)の味噌煮
  4. 鶏肉の香味ねぎソース
  5. 鰤(ブリ)大根

牛肉の塩だれ炒め

食のそよ風/牛肉の塩だれ炒め

メニュー
  • 牛肉の塩だれ炒め
  • ツナとほうれん草和え
  • くるみあんこ
エネルギー 200kcal
たんぱく質 8.4g
脂質 10.6g
炭水化物 17.8g
塩分 1.4g
アレルゲン 一部に小麦・乳成分・牛肉・くるみ・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む

*食のそよ風公式サイトでも上記内容や原材料は全て確認できます。

主菜の牛肉と塩だれ炒めは味付けがしっかりしていて、これで塩分1.4gしか使ってないの?というレベルでした。味は普通に美味しくて、ご飯と一緒に食べたくなる味です。

副菜のツナとほうれん草和えもほうれん草の苦味やえぐみを感じることなく、美味しく食べることができました。

くるみあんこは甘くてデザート感覚でパクパクと食べることができます!冷凍で電子レンジ加熱にも関わらず、くるみの食感がしっかり残っているのでとても美味しかったです。

全体的に評価して、牛肉と塩だれ炒めは美味しかったですが、公式サイトに掲載されている写真よりお肉が細かく量も少ないように感じたのが残念でした。

とんかつの卵とじ風

食のそよ風/とんかつの卵とじ風

メニュー
  • とんかつの卵とじ風
  • いんげんの甘辛煮
  • キャベツとコーンの煮浸し
エネルギー 240kcal
たんぱく質 9.5g
脂質 15.0g
炭水化物 16.8g
塩分 2.0g
アレルゲン 一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉・ゼラチンを含む

*食のそよ風公式サイトでも上記内容や原材料は全て確認できます。

主菜のとんかつの卵とじ風はセブンイレブンのカツ丼と似ている味がしてご飯ととっても合います。コンビニ弁当の味付けが好みでない人には合わないと思いますが、コンビニ弁当が好みの人はとっても美味しく感じると思います。

副菜のいんげんの甘辛煮は鰹節がかかっていて甘く塩っぱくてとても美味しかったです。

キャベツとコーンの煮浸しもコーンの香りとキャベツの甘みがしっかり生かされていて美味しくいただきました。

鯖(サバ)の味噌煮

食のそよ風/鯖の味噌煮

メニュー
  • 鯖の味噌煮
  • 揚げ茄子のトマトソースがけ
  • ツナとコーンの白和え
エネルギー 284kcal
たんぱく質 17.3g
脂質 20.4g
炭水化物 7.7g
塩分 1.4g
アレルゲン 一部に小麦・乳成分・ごま・さば・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む

*食のそよ風公式サイトでも上記内容や原材料は全て確認できます。

主催の鯖の味噌煮は、万人受けする味付けでよく外食で食べる鯖の味噌煮と同じような味で美味しいです。

副菜の揚げ茄子のトマトソースがけは味がしっかりしているのでご飯と食べてもGood。

ツナとコーンの白和えもクリーミーな感じでとっても美味しかったです。

鶏肉の香味ねぎソース

食のそよ風/鶏肉の香味ねぎソース

メニュー
  • 鶏肉の香味ねぎソース
  • 高野豆腐の卵とじ
  • 人参ナムル
エネルギー 156kcal
たんぱく質 18.5g
脂質 6.7g
炭水化物 5.5g
塩分 2.0g
アレルゲン 一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む

*食のそよ風公式サイトでも上記内容や原材料は全て確認できます。

主菜の鶏肉の香味ねぎソースはネギの風味と甘じょっぱくて少しピリッとする辛さがある味でご飯とよく合います。また、鶏肉は柔らかくパサついていなくて美味しかったです。

副菜の高野豆腐の卵とじは優しい味付けで箸休めにちょうど良い味ですし、人参ナムルは野菜の歯ごたえがしっかり残っていて程よい酸味があり美味しかったです。

残念なポイントは、公式サイトの写真よりも鶏肉のボリュームが少ないように感じました。

鰤(ブリ)大根

食のそよ風/鰤大根

メニュー
  • 鰤(ぶり)大根
  • 大豆と昆布の煮物
  • 青便菜(ちんげんさい)の卵和え
エネルギー 126kcal
たんぱく質 9.4g
脂質 5.5g
炭水化物 9.7g
塩分 1.7g
アレルゲン 一部に小麦・卵・乳成分・大豆・豚肉を含む

*食のそよ風公式サイトでも上記内容や原材料は全て確認できます。

主菜の鰤大根はしっかり味が染み込んでいて冷凍弁当とは思えないくらい本格的でした。個人的にもう少し鰤が大きく入っていると嬉しかったですけど。

副菜の大豆と昆布の煮物は大豆本来の甘みが生かされていて、青便菜(ちんげんさい)の卵和えも優しい味付けで美味しくいただけました。

量が少し少ないと感じましたが、高齢者の方にはちょうど良い量だと思います。

食のそよ風【お試しあり】

食のそよ風Q&A

食のそよ風を使う前に私が気になっていて、その後利用してみて気づいた点をQ&A形式でご紹介しています。

万が一知りたい内容がある場合で、公式サイトに書いていないことがありましたらコメントでご質問いただければ私がわかる範囲内のことであれば、ここに追加して書いておきます。

【食のそよ風】冷凍弁当の温め方は?

袋の端をハサミで切ってから、電子レンジ500wで3分~3分30秒で完成です。

STEP.1
袋の端を切る
食のそよ風の袋を切る

まず始めに袋の端を斜めにカットします。

これを忘れると袋が膨らんで破裂するので注意してください。

STEP.2
電子レンジを500Wに設定
電子レンジ500Wの表示

電子レンジを500Wに設定します。(700Wでも可能です)

STEP.3
3分30秒で加熱する

500Wで3分30秒加熱するとちょうど良い温かさで食べることができます。

700Wで加熱する場合には2分~2分30秒の加熱でOKです。

STEP.4
完成!

たった数分で美味しいおかずが完成するので、時短料理にとっても最適で楽に食べることができます。

容器のサイズは?冷蔵庫にどのくらい入る?

弁当トレイのサイズは、縦15.5c×横15.5c×高さ2.8cmです。

食のそよ風を冷凍庫に入れた様子

食のそよ風の冷凍弁当は320Lの冷蔵庫の冷凍室に25個程入るサイズ感ですが、冷蔵庫のメーカーによっても冷凍庫の大きさが多少前後するのでどのくらい入るか正確に知りたい方はトレーのサイズを参考に自宅の冷凍庫にどのくらい入るか計算してみてください。

高さが2.8cmほどしかありませんし、横幅もコンパクトで正方形なので収納性がよくかさばらないのでストックしておくと便利だと思います。

食のそよ風を利用した感想まとめ

食のそよ風は、管理栄養士さんが考えたレシピで作られている冷凍弁当なので栄養バランスに配慮されていることはもちろん、味も普通に美味しいので継続して利用してみたいと思えた食事宅配サービスでした。

また、1食あたり約426円(税込)という安さも他社の食事宅配と比較しても1食あたり50~150円程安いので、安く健康的で普通に美味しい食事宅配を探している人にはとてもおすすめできる食事宅配でした。

送料が少し高いことがネックポイントですが、弁当の価格が安いので送料を考慮しても他の食事宅配サービスよりも安く利用することができます。

冷凍なので賞味期限が製造してから1年間ととても長いので、冷凍庫にいくつかストックしておいて料理をする時間がない時や、料理を作るのが面倒な時に有効活用できる便利アイテムだと思いました。

我が家では、いつも朝バタバタしてしまい時間がないので食のそよ風の冷凍弁当を使って時短料理をしたいと思います。

食のそよ風を注文する

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
名前は公開されるのでニックネームで入力してください。
* の項目は必須項目となります。

楽チン宅配食生活の管理人「ゆりか」が3日以内に返信するのでお気軽にご質問ください^^