【安いおすすめな食事宅配】1食の値段や1ヶ月利用時の料金!自炊とも比較

簡単に食べられることと美味しさで人気となった食事宅配ですが、継続して利用する際にどうしても気になるのが1食当たりの値段や継続利用価格です。

食事宅配は時間がないときにレンジで温めたり、湯煎で簡単に食べることができる時短アイテムですが、毎日利用すると値段が思った以上に高くなってしまうこともあるため継続するには1ヶ月あたりどのくらいの値段がかかるのかを把握しておくことは大切です。

そこで、この記事では管理人が実際に人気の食事宅配サービス7社を利用してみてどこの食事宅配がお得で安く使いやすいのかを比較して見ました。

もちろん「安い・お得」だけで評価してしまうと「味がいまいち」ということも考えられるので、この記事では「安さと味」の両方を考慮しておすすめできる食事宅配サービスをご紹介しています。

1食あたりが安い食事宅配を比較

安い順↓ 1食あたり(税込) おかず品数 備考
ワタミの宅食
490円~ 4品 お米別
食宅便
560円~ 5品
nosh(ナッシュ)
591円~ 4品
ウェルネスダイニング
648円~ 4品
わんまいる
737円~ 3品
ニチレイフーズ 757円~ 5~6品

※上記の食事宅配6社はなるべく同じ条件で比較できるように表にしてあります。1食あたりの価格はコース購入(まとめ買い)した場合の食事宅配の中で一番安いものを1食当たりの金額で算出したものです。

食事宅配の価格は各社近い価格で設定されていますが、それでも安いものでは1食当たり500円を下回るところから700円超まで振り幅があります。

1食ごとに販売している食事宅配もありますが、その場合はコース(まとめ買い)で買うより若干割高です。

価格だけで見るとワタミの宅食が1食あたり490円と最も安く、食宅便は品数で換算すると5品もあって560円と割安です。一方で700円を超えてくる、わんまいるやニチレイフーズダイレクトは高く感じますね。

noshは591円と一見値段は安め設定ですが、他とシステムが違い、決まった価格の食事数を最初に選び、その後献立を選ぶようになっています。食事数を例えば4食セット2,800円のものを選ぶと、メインディッシュやコメ料理などを選べるようになっていますが、ドリンクやスープを選んでも1食としてカウントされるので、選ぶものによっては割高に感じてしまいます。

食事宅配を1ヶ月(90食)利用した時の安さを比較

90食の価格(税込) 最大注文数 送料 1ヶ月合計コスト
ワタミの宅食 1セット(5食分)×18 44,100円 無料(※ワタミの宅食ダイレクト冷凍の場合は宅急便利用のため送料あり) 44,100円
食宅便 1セット(7食分)×13 50,960円 1度で2セット(14食分)まで 定期便価格390円 53,690円
nosh(ナッシュ) 20食分×4
10食分×1 53,262円
1度で20食分まで 初回無料 2回目以降900円 57,262円
ウェルネスダイニング 1セット(7食分)×13 60,372円 1度で3セット(21食分)まで 定期便価格378円 62,262円
わんまいる 1セット(5食分)×18 71,640円 1度で4セット(20食分)まで 850円 75,890円
ニチレイフーズ 1セット(7食分)×13 68,900円 なし 5,000円以上で 送料無料 通常/800円 68,900円

※1ヶ月およそ90食分の価格をそれぞれに出し、かかる送料を計算したものです。1セットずつの注文になるため、会社によっては90食分ではなく91食分(1週分7食×13週)になってしまうところもあります。1回で最大の注文数を配送するようにし、送料もそれぞれに算出し、合計したものが1ヶ月間のコストです。

食事宅配の会社によっては多く頼むほど価格が安いというところもあります。また定期便の利用をすると送料が安くなり、全体的にお得なところが多くなります。

それとは逆に、1度に頼める注文数が決まっているところもあり、そのような場合は発送の回数に合わせて送料がかかり、割高になってしまいます。

自炊と外食と食事宅配の1ヶ月あたりの食費を比較

自炊と外食と食事宅配を比較した一覧表

1食あたり 1ヶ月 その他コスト 合計
自炊 約260円 23,660円 電気/ガス/水道
4000円ほど
27,660円
外食 約950円 86,450円 77,350円
食事宅配 約600円 54,600円 送料2000円ほど 56,600円

これは私が一人暮らしをしていた時の食費を参考にした数値ですが、だいたいこのくらいの食費がかかります。

1ヶ月の食費を安く抑えるにはやっぱり自炊が一番安く抑えることができ、外食は自炊の約3.6倍ほどとなり普通のサラリーマンではかなり痛い出費となってしまいます。食事宅配に関しても1ヶ月間91食すべて利用したとすると56,600円と割高になってしまいます。

自炊と食事宅配の併用がコスパ良し

食事宅配と自炊の比較表
毎月の食費を抑えながら面倒な自炊を少しでも減らす方法として一番おすすめできるのが、自炊と食事宅配の併用です。

1日1食だけ食事宅配を利用するようにして残りの2食は自炊することで食費を抑えながら毎月30回も自分で料理する手間を省くことが可能になります!

自炊が面倒なときに毎回外食に行ってしまうと食費が高くなり出費が多くなってしまいがちですが、外食を食事宅配に置き換えるだけで食費も節約できますし栄養バランスの整った健康的な食事を食べることができます。

食事宅配は塩分もカロリーも控えめに作られているので外食を食事宅配に変えるメリットは食事だけでなく健康面でもメリットがありますよ!

安くておいしい食事宅配ランキング

安い食事宅配ランキング表
価格だけで見れば

  1. ワタミの宅食
  2. 食宅便
  3. nosh(ナッシュ)
となりますが、ここに実際に私が食べてみておいしいと感じた評価をプラスしてランキング形式にしてみました。やっぱり安かろう悪かろうではいくら活用的な食事宅配でも利用する気にはなれませんので…。

安さ×美味しさの総合評価になっているので、安くてできるだけ美味しい食事宅配を利用したい方はぜひご参考にしてください。

第1位 食宅便

食宅便のレシピ内容
冷凍の食事宅配の中で安くておいしくて利用しやすいのが食宅便です。食宅便には利用者のニーズに合わせたさまざまなコースメニューが用意されていて、ダイエットや減塩、低糖質など用途に合わせて選べるのが魅力的です。

1度に2セットまでの注文が行え、定期便を利用すれば送料も390円の半額と安いのも人気につながっています。子供からお年寄りまでが楽しめるように追求された味は、素朴で家庭的なおいしさです。

第2位 nosh(ナッシュ)

ナッシュのレシピ内容
一流のシェフが管理栄養士のレシピに合わせて丁寧に作っているのがnosh-ナッシュです。nosh‐ナッシュのお料理はすべて、糖質が抑えられ、タンパク質がしっかりとれるよう設計されています。

メニュー数も多く、オシャレなお料理は女性支持が多いのも特徴です。nosh‐ナッシュは他の食事宅配と違っていて、週ごと(1週5食もしくは7食)の食事を注文するのではなく、1週4食、6食、8食、10食から選ぶようになっています。送料は2回目以降かかりますが、それでも注文数によってはお得に注文でき、コストを抑えることができます。

第3位 ワタミの宅食

ワタミの宅食のレシピ内容
圧倒的な安さがとても魅力的なワタミの宅食はやはりランキングにしてもトップに輝きます。ワタミの宅食の良さは、常にその日作った食事が送料無料で届けられるというところです。やはり、出来立てのおいしさは冷凍にはないもので温もりがあり、お弁当をあけた時の感動に繋がります。それでいて料金も安く、継続しやすいのは魅力的です。

一方で毎日受け取るのが面倒だという人や日持ちしない食事が嫌だという人にはデメリットとなるのがワタミの宅食です。冷凍弁当が届くワタミの宅食ダイレクトであれば、そういったデメリットもなく利用できますが、通常のワタミの宅食よりも冷凍の方が1食当たり50円程度高くなり、送料も別途発生するので圧倒的安さではなくなってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。
名前は公開されるのでニックネームで入力してください。
* の項目は必須項目となります。

楽チン宅配食生活の管理人「ゆりか」が3日以内に返信するのでお気軽にご質問ください^^