食事宅配サービスおすすめ比較ランキング

食事宅配サービスを食べて比較した画像

食事宅配は冷凍弁当を届けてくれるサービスです

食事宅配は管理栄養士によって栄養バランスが考えられた冷凍弁当を自宅に宅配してくれるサービスです。

当サイト、楽チン宅配食生活では複数の食事宅配サービスを実際に食べ比べして、目的別におすすめな食事宅配サービスをご紹介しています。


手順.1
スマホ・PCで注文する



手順.2
4~6分レンジでチンする



手順.3
あとは食べるだけ!



今までの食事宅配はお弁当を届けてくれるサービスというのが一般的なものでしたが、今の食事宅配はその人にあった目的の冷凍弁当を届けてくれるサービスに進化しています。

具体的には

  • 管理栄養士がレシピを考えた健康食
  • 塩分制限
  • 糖質制限
  • カロリー制限
  • たんぱく質調整食
  • やわらかい高齢者食
  • 国産無添加のこだわり食

健康的な方が料理をする時間がないときに手軽に食べられる食事宅配をはじめ、塩分制限や糖質制限など目的にあった食事を食べられるように様々な栄養バランスの食事が販売されています。

さらに、管理栄養士さんが栄養価計算をしてレシピを考え、冷凍弁当でも美味しさにこだわるためにプロの料理人が調理して作られている贅沢な食事宅配まで登場しています。

手軽なのに栄養バランスがよく健康的で、さらにコンビニ弁当と同価格というコスパの良さから爆発的な人気となってきています。

しかし、食事宅配サービスの数が増えすぎてどの食事宅配を選んだらいいのかわかりづらくなってきているのも事実です。

そこで当サイトでは、実際に色々な会社の食事宅配を毎日食べている運営者の鈴木が、初めての方におすすめできる美味しい食事宅配サービスと目的別におすすめできる食事宅配サービスをランキング形式でご紹介しています。

【初めての方におすすめ】おいしい食事宅配サービスランキング

毎日食事を作る手間を省きたい、健康的な栄養バランスの食事が食べたいという人におすすめできる食事宅配総合ランキングをご紹介します!

第1位 nosh(ナッシュ)

食事宅配ナッシュ
nosh(ナッシュ)は自分でメニューを選べるタイプの食事宅配。管理栄養士が考えたレシピを元に、和食・フレンチ・イタリアンのシェフが作った本格的な味の食事宅配です。

見た目も食欲をそそる彩ですし、塩分控えめで作られているのにも関わらず満足いくレベルの味付けなので健康的な栄養バランスの食事宅配を試したいなと感じた方がまずはじめに試して欲しい食事宅配サービスです。

第2位 わんまいる

食事宅配わんまいる
わんまいるはレンジでチン(温める)タイプではなく、湯煎して温めて食べるタイプの食事宅配です。冷凍弁当として届くのが主流な食事宅配ですが、わんまいるは1つ1つ小分けにおかずが真空パックに入っていて、それを湯煎して温めてからお皿に盛り付けて食べます。

他の食事宅配は冷凍弁当で届くので電子レンジで温めるだけで食べられるのですが、わんまいるの場合にはお皿に盛り付ける手間があります。

冷凍弁当に少し抵抗のある型で、一応作りました!!感が欲しい共働きの主婦におすすめです(笑)

第3位 食宅便

食事宅配食宅便
食宅便は7種類のコースから食事宅配を選択でき、高齢者向けに見た目がそのままで柔らかい食事メニューも用意されています。

食宅便は高齢者のおじいちゃんやおばあちゃんと一緒に暮らしていて、自分の分+おじいちゃんやおばあちゃんの分も同時に頼みたいかたにおすすめできる食事宅配サービスです。

固形の硬い食べ物が食べづらくなってきた高齢者や老人も食べられるメニューに加え、栄養バランス豊富な健康食事もあるので2世帯住宅のような暮らしをしている人は同時に注文できるのでおすすめですよ!

【特別枠】 ウェルネスダイニング

食事宅配ウェルネスダイニング
ウェルネスダイニングは制限食の豊富さが際立つ食事宅配サービスです。

目的に合わせた6種類の制限食が用意されているので、自分にぴったりな制限食が見つかります。塩分控えめに作られているので最初は味が薄く感じるかもしれませんが、数日食べるともう昔の濃い味付けには戻れなくなります!

国内工場で徹底した品質管理のもと1つ1つ手作りで製造されているので安心感もあります。

見た目的にオシャレさが少し足りなくてお弁当感が抜けないのが少し残念ですが総合的に評価するととてもおすすめできる食事宅配です。

食事宅配【目的別おすすめ】

【制限食】目的別おすすめ

人気の食事宅配サービス6社の1食あたり・1ヶ月あたりの料金や送料を比較

←↓スクロール可能

1食あたり 592円 796円 620円~629円 663円~740円 490円~640円 745円~800円
1ヶ月(90食)
53,280円 71,640円 55,800円~
56,610円
59,670円~
66,600円
44,100円~
57,600円
67,050円~
72,000円
送料
初回無料
2回~900円
918円
2,106円
(北海道/沖縄県)
390円 初回無料
2回目から756円
定期便なら378円
800円 800円
特徴
糖質制限食
塩分控え目
国産・無添加
手作り感重視
4種類のケア食
ザ・お弁当
制限食豊富
高齢者向き
ザ・お弁当
毎日配達にくる
冷凍おかず
メニュー豊富
口コミ&評判
公式サイト ナッシュ 公式 わんまいる 公式 食宅便 公式 ウェルネス 公式 ワタミの宅食 公式 ニチレイ 公式

食事宅配サービス【お試し体験談】

↑気になる食事宅配をタップすると実際に購入して食べてみたレポート詳細が見れます!

食事宅配サービスのメリット

管理栄養士が考えたバランスの良い食事が手軽に食べられる

食事宅配は管理栄養士監修
食事宅配サービス最大のメリットは管理栄養士や栄養士がバランスの良い栄養を摂れるようにレシピを考えて作られているということです。

近年は外食チェーン店やコンビニ弁当など手軽に安価で食べられる食事が多くなり食べるものを自由に選択できる時代になりましたが、栄養バランスが偏りがちで味付けも濃くて塩分を過剰摂取してしまうことが多くなっています。

食事宅配ではコンビニ弁当や冷凍食品と同じほど手軽に食べることができることに加えて健康的な栄養をバランスよく摂取できる作りになっています。

一人暮らしや外食が多い方、健康診断などで血圧や血糖値について少し注意を受けた方などは食事宅配を利用して栄養バランスの良い食事をとることをおすすめします。

基本的に塩分控えめで健康的

健康的な減塩食が多い食事宅配
食事宅配サービスで提供されている食事は、制限食でないものでも塩分が控えめに作られています。

目安でいうと1食あたり1.5g~2.5g以下で作られているものが多いので、食事宅配を1日3食食べても現在日本の目標数値である男性は1日8g未満、女性は1日7g未満の基準レベル範囲内での食事生活を送ることができます。

味付けが濃すぎて塩分を大量に使っている食事を長期間食べていると、高血圧や腎臓病などの病気になってしまう可能性が高くなります。

私自身食事宅配を始めるまでは365日外食で2日に1回はこってり濃いラーメンを食べていたのですがそのおかげで20代にして高血圧予備軍となってしまいました。

日本人は食事で1日に約10gの塩分を摂取しているというデータがあるのですが、実は1日に10gは塩分量が多すぎて高血圧や腎臓病、脳卒中や心筋梗塞の原因にすらなってしまう可能性があります。

健康的に食生活による病気を防ぐためには、少なくとも1日6.5gまで食塩摂取量を落とさなければならないと言われていて、さらに2012年に発表されたWHOのガイドライン(一般向け)では1日5g未満が強く推奨されています。

しかし、いきなり1日5g未満の食塩を利用して味付けをするというと味が薄すぎておいしいと感じられれないため日本では2022年までに男性は1日8g未満、女性は1日7g未満を目標としています。

食生活による減塩は日本全体で取り組むべき課題とも言われているほど実は深刻なもので何気ない濃い味付けの食事が数年後の病気を招いていると言っても過言ではない状態だということを認識しましょう。

目的に合わせた制限食が安価に購入できる

自分にあった食事を選べる
食事宅配は目的に合わせてた食生活を実施できるように色々な制限食が用意されています。

  • 健康栄養バランス食
  • カロリー制限食
  • 塩分制限食
  • たんぱく質制限食
  • 糖質制限食
  • やわらかい食事

この中から自分の目的に合ったメニューの食事を選ぶことができるため、制限食を必要としているかたにはとてもありがたいサービスとなっています。

飽きないようにメニューが豊富になってきた

メニューが豊富
食事宅配は数年前までありきたりなメニューで継続していると味付けメニューに飽きてしまい続ける人が少なかったのですが、最近では各社の競争が激化してくれたおかげでメニュー数が増えたり減塩のまま味付けのレパートリーが増えたりと私たち消費者側からありがたい状況になってきています。

私が食事宅配を利用する前(2016年くらい)に祖母が食事宅配を利用していたことがあるのですが、味付けが単調すぎて1ヶ月もしないうちに食べなくなってしまったんですよね。

しかし、最近では食事宅配に一流シェフを向かい入れることで味付けのレパートリーを増やしたり美味しそうな見た目や盛り付けにこだわっている食事宅配サービスもあるので長期間継続して利用しても飽きにくい作りになっています。

賞味期限が長い

賞味期限が長い冷凍弁当
冷凍技術の向上と徹底されてた品質管理にて冷凍されたお弁当なので、どの食事宅配サービスも基本的に賞味期限が長いものが多いこともメリットです。

目安としては3ヶ月~6ヶ月程度、長いものだと1年程度の賞味期限なので食べ忘れてしまい腐り無駄にしてしまうということがありません。

食べたい時にレンジでチンするだけで食べられる、そして賞味期限も長いという食事宅配を使わないのはもはや損をしているかもしれませんね。

食事宅配サービスのデメリット

初めてだと温めの調整が難しい

食事宅配温め方
冷凍弁当で届く食事宅配は、自宅のレンジでチンと温める必要があるのですが冷凍弁当に記載されている温め目安通りに温めても少し冷たかったり熱くなりすぎたりすることがあります。

どのメーカーの電子レンジを使っているのかや電子レンジが古かったり新しかったりするとその電子レンジの性能によって温める時間が多少前後します。

ただこれは2~3回程度温冷凍弁当を温めているうちに自分の家の電子レンジならこれくらい温めるのが目安だなとコツを掴むことができるのであまり心配する必要はありません。

最初は薄味に感じることが多い

食事宅配は1日に摂取しても問題ない塩分量で作られているので、自分で味付けした料理や外食の料理よりも味が薄めにできています。

ただ、味がしないレベルの薄さではなく上品な優しい味付けなので旨みやおいしさはしっかり感じることができました。私は生まれ育った地域が濃い味付けの地域だったので、最初の2~3日は食事宅配の味に寂しさを感じてもう少し濃かったら最高に美味しいのにな〜と感じていましたが、毎日食べていたらそれが普通になりました。

最近、今では大好きだったラーメン屋の背脂醤油ラーメンを食べた時は味が濃すぎてむせるほどだったので、普段どれだけ自分が食塩の過剰摂取をしていたのか身にしみてわかりました(笑)

量を多く食べる人には向かない

食事宅配は大食いの人やとにかくたくさん食べたい人にはおすすめできません。普段からご飯1杯~2杯とおかず数品という生活のかたには問題のない量ですが、ご飯を3~4杯食べる人やおかずの量が大量にないと満足できない人には量が少ないと感じるかもしれません。

ゴミがでる

食事宅配のゴミは食品トレー
食事宅配の冷凍弁当はプラスティックのトレーに入っているので、食後にゴミが出ます。

そこまでかさばるものではないので気にならないレベルですが、1日3食1ヶ月90食食べてゴミ袋大サイズの半分程度の量のゴミだと思ってください。

ご飯がついていない

食事宅配はご飯が別売り
食事宅配は基本的にご飯(白米)がついていません。おかずのみのことがほとんどですが、最近ではご飯付きのメニューも出てきたり、五穀米や玄米などのカロリーが少ないお米を販売しているところもあります。

基本的に食事宅配は白米が別売りになっていることが多く1食300円~500円という価格設定になっています。

ご飯を食べたいかたは、スーパーでお米を購入して自宅で炊いた方がコスパが良いので白米を一緒に食べたい場合は自分で炊くことをおすすめします。

冷凍なので送料が高い

食事宅配はクール便で送料が割高
冷凍弁当なのでクール便で配達されてくるのですが基本的に送料が高いです。

一番送料が安いものでも毎回390円ほどかかりますし、高いものだと毎回900円程度の送料がかかってしまうのでもったいないな〜とも感じます。

ただ、栄養バランスよの良い食事を自宅まで配送してくれる手間を考えると送料が少し高いのは仕方ないのかなと思います。

まとめ

食事宅配サービスはレンジで温めたり湯煎するだけで手軽に栄養バランスの良い食事を食べることができますし、賞味期限が長いので食べたい時にパッと食べることができる時短アイテムです。

そして、高齢者を自宅介護している人や離れた場所に両親が住んでいるような場合にも食事宅配サービスを利用すれば簡単に介護ケア食や高齢者向けの食事を注文することができるため毎日何を作ろうか悩む必要もありません。

まずは一度食事宅配サービスがどんなものかお試ししてみることをおすすめします。